運転資金や設備資金は事業者ローンを活用|経営安定化計画

お金を借りたい時のローン

緑のクレジットカード

カードローンとはお金を借りる時に、銀行や消費者金融から提供されるもので、多少の違いがありますので、自分の職業に合ったものを利用しましょう。収入があってブラックがなければ大抵は通りますが、他からの借り入れが多いとか総量規制に抵触する場合、また1度にいくつも申し込んだ場合は通らないこともあります。

もっと見る

事業性資金ローン

2人の男性

救いの手は民間に

中小企業や個人事業者向けの事業性融資商品のことを、ビジネスローンもしくは事業者ローンと呼びます。厳密に言うと、個人事業者向けローンのことだけを指してビジネスローンと呼ぶ場合があるので、ノンバンク系金融業者が提供している事業性融資商品のことを全部ひっくるめて言う場合は、事業者ローンという呼称を使うのが適しています。事業者ローンを取り扱っているのは、先程も述べた通り、いわゆるノンバンク系の金融業者です。具体的に言うと、消費者金融やカード会社ということになりますが、商品ごとに融資条件に差が生じていますので、注意する必要があります。また、銀行から資金を借りる場合に比べると、金利が高い、融資金額がそれほど多くないというデメリットがあることを覚えておく必要があります。しかし、対応が早い上に、担保や保証人なしでお金を借りることができるといったメリットがあるため、事業者ローンの存在価値はかなり高いということができます。

将来の展望

個人に対する無担保・無保証人の少額融資サービスのことをキャッシングサービスと呼びます。一番最初にキャッシングサービスを提供し始めたのは、消費者金融等の貸金業者です。銀行は、法人相手の融資や個人向けの住宅ローンなど、大口融資サービスばかりを取り扱っていました。しかし、世の中の変化に伴い、その種の殿様商売だけを行っていたのでは、銀行の経営が立ち行かなくなってしまう可能性が生じてきました。その危機を回避するために、銀行が個人向けの少額融資サービス市場に参入するようになったという経緯があります。事業者ローンについても、将来的にそれと全く同じようなことが起こる可能性が指摘されています。今は、消費者金融やカード会社しか事業者ローンを取り扱っていませんが、今後、銀行が事業者ローンを取り扱うようになる可能性が十分にあります。競争相手が多くなればサービス拡充競争が起こりますので、利用する側にとってはありがたい話です。

手軽に現金を入手

財布と紙幣

キャッシングはATMなどを利用して簡単に現金を引き出すことができ便利です。引き出したお金は後日自動的に引き落としされるので特に手間がかかりません。キャッシングには審査が必要なので事前に行ってカードを発行してもらうと必要な時にすぐ利用できます。

もっと見る

ローンとの付き合い方

紙幣と通帳

金融機関でお金を借りることが可能な個人向けローンの種類や住宅ローンについて、きちんと把握しましょう。住宅を購入する際の住宅ローンは、正しく選択すると安心してお金を借りることができます。様々な種類のローンサービスの中から、目的に応じたものを選択しましょう。

もっと見る